福祉・介護の資格ガイド

義肢装具士

●仕事の内容について 義肢装具士とは、1987年に義肢装具士法によって制定された国家資格です。 義肢装具とは、事故や病気などで手足を失った人のために、失われた身体機能を補うように製作された人工の手・足パーツのことです。 それぞれの使用...
福祉・介護の資格ガイド

特別支援学校教論

●仕事の内容について 特別支援学校とは、障害のある幼児・児童・生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取り組みを支援するという観点に立ち、旧盲・聾・養護学校を統合し一本化されて、2007年に改称された学校です。 それにともない教員免許状も再...
福祉・介護の資格ガイド

サービス介助士

●仕事の内容についいて サービス介助士とは、在宅や施設での入浴や食事の介護に携わるホームヘルパーに対して、比較的に元気な高齢の人や障害がある人が安心して外出や、街の中での移動や買い物などの社会生活の適切な介助を目的としています。 この資...
福祉・介護の資格ガイド

手話通訳士

●仕事の内容について 視覚障害者が自分の意思を相手に伝えるための手段の一つして“手話”があります。 手話通訳士とは、この手話を音声言語に訳して健常者に伝える仕事と健常者の音声言語を聴覚障害者に手話に訳して伝える仕事です。 視覚障害者と...
福祉・介護の資格ガイド

音楽療法士

●この仕事の内容について 音楽療法とは、音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いて心身の障害の回復、身体機能の維持と改善、生活の質の向上、行動の変容などを目指す療法です。 その療法は、一緒に歌ったり、楽器の演奏を行なったりして気分転換やス...
福祉・介護の資格ガイド

ベビーシッター

●仕事の内容について ベビーシッターは、仕事や急用で家を留守にしなければならない保護者に代わり、子どもの世話をする職業です。 近年は、出産後に職場復帰や勤めに出る女性が増えています。 また、核家族化によって子どもの世話をする時間や人手...
福祉・介護の資格ガイド

児童遊びを指導する者(児童厚生員)

●仕事内容について 「児童の遊びを指導する者」は、かつては、「児童厚生員」と呼ばれていました。 現在でも一般的には「児童厚生員」と呼ばれています。 児童の遊びを指導する者は、児童館や児童センターなどの児童厚生施設で勤務し、遊びを通じて...
福祉・介護の資格ガイド

精神保健福祉士

●仕事の内容について 精神保健福祉士は、以前は「ソーシャルワーカー(PSW)」の名称で、精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入され相談業務にあたっていましたが、1998年4月から国家資格として、精神保健福祉士の制度がスタートしま...
福祉・介護の資格ガイド

福祉住環境コーディネーター

●仕事の内容について 福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすく快適な住環境を一緒に考え、提案するアドバイザーです。 医療・介護・福祉・建築などの専門職の方々と連携し、その家や施設に暮らす人それぞれに合わせた住宅改...
福祉・介護の資格ガイド

調理師

●仕事の内容について 調理師とは、調理師法に基づいて都道府県知事が行なう調理師試験に合格し、調理師名簿に登録された者です。 国家資格の名称独占資格です。 飲食業に携わる人の多くがこの資格を持っています。 調理の仕事は、資格がなくても...
タイトルとURLをコピーしました