福祉・介護の資格ガイド

福祉・介護の資格ガイド

社会福祉士

●仕事の内容について この資格は「名称独占資格」といい、社会福祉士の資格を持たないものは「社会福祉士を名乗ることはできません」。 しかし当然、この資格を持っていなくても社会福祉関係の仕事に就くことはできます。 社会福祉士は、福祉に関する...
福祉・介護の資格ガイド

介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修(旧ホームヘルパー)

●仕事の内容について ホームヘルパーは、高齢者や身体障害者など、身体的・精神的に日常生活を送るのに支障にある人の家庭を訪問し、サービスを提供する職業です。 仕事の内容は、大きく2つに分けられます。 食事や排泄、衣類の着脱、入浴、体位変換、通...
福祉・介護の資格ガイド

社会福祉主事(任用資格)

●仕事の内容について 社会福祉主事は、福祉事務所の現業員として任用される者に要求される資格(任用資格)で、いろいろな行政機関で保護や援助を必要にとする人の相談や指導、援助などの業務を行ないます。 窓口での相談を受けるのだけではなく、とき...
福祉・介護の資格ガイド

ケアマネジャー(介護支援専門員)

●仕事の内容について ケアマネジャーとは、介護保険制度と同時に生まれた職業で、介護をトータルにコーディネートする専門家で「介護支援専門員」とも呼ばれます。 介護を必要とする人やその家族からの相談に応じ、本人の希望や心身の状況に応じて、その人...
福祉・介護の資格ガイド

介護福祉士

●仕事の内容について 高齢化が進につれて、寝たきりや認知症の高齢者が増加している状況の中で、介護の問題が浮き彫りにされてきています。 介護福祉士は、そのような介護の現場の第一線で活躍しています。 介護福祉士は1987年に施行された「社会福祉...
福祉・介護の資格ガイド

看護師

●仕事内容について 看護師は、病院や診療所などの医療機関で、医師の指示のもとに、カルテの整理や患者の検温などの医療活動でサポートしたり、また、入院患者の洗面や入浴、排泄、食事などの手助けをします。 さらに、手術室の担当とうとなると、手術の準...
福祉・介護の資格ガイド

福祉用具専門相談員

●仕事の内容について 福祉用具専門相談員とは、介護が必要な高齢者が、介護保険で福祉用具をレンタルや購入する際に、本人や家族の希望に応じて、その方の状況にあった福祉用具の選び方や使用方法について指導や相談を行なう専門職です。 また、高齢者の心...
福祉・介護の資格ガイド

保育士

●仕事の内容について 福祉関連の職業の中でも特に女性に根強い人気の保育士です。 働く親たちから子どもを預かり、親に代わって保育をするのが保育士の仕事です。 食事やトイレなど身の回りの世話や遊びを通じて、子どもたちが生活習慣を学ぶのをサポート...
福祉・介護の資格ガイド

健康運動指導士

●仕事の内容について 健康運動指導士とは、1988年に厚生労働省の認定事業として、国民の健康づくりに寄与するために養成された指導者(コーチ)のことです。 平均寿命が延びるとともに、動脈硬化や心臓病、高血圧などの生活習慣病や成人病などが増...
福祉・介護の資格ガイド

臨床心理学士

●仕事の内容について 臨床心理士とは、一般には「カウンセラー」や「セラピスト」などと呼ばれる心理関係の職業のうちで、臨床心理学を学問的な基盤として、心に問題抱えた人を解決に導く心理学の専門家で、今日では、例えば、全国公立中学校や小学校に19...
タイトルとURLをコピーしました