年金と相談!高齢者住宅の選び方

75歳以上の後期高齢者が安心安全に暮らせる住まいはぜひ増えて欲しいものです。ケアハウスやサービス付き高齢者住宅もまだ十分とはいえず、民間の有料老人ホームも高級なものだけでなく一般家庭でも入れるところが望まれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の国や自治体の財政状況からして、なるべくお金を使わない路線をすすめることは間違いないでしょう。

在宅介護や施設介護も、受給者の負担が増えています。

特別養護老人ホーム、老人保健施設は今後新設は難しいでしょうし、老人病院は一般病院または「療養型病床群」に改編されました。

現在の介護制度では「ケア付き居住施設の充実」も謳われていますから、1人暮らしや老老介護が増えつつある事態は、行政側も認識しているはずです。

ともあれ、75歳以上の後期高齢者が安心安全に暮らせる住まいはぜひ増えて欲しいものです。

ケアハウスやサービス付き高齢者住宅もまだ十分とはいえず、民間の有料老人ホームも高級なものだけでなく一般家庭でも入れるところが望まれます。

それにつけても、老人ホームなどケア付き住宅への偏見、誤解の解消が望まれます。

入ったら自由も希望も失われると思っている人がなんと多いことでしょう。

夫婦で入って、夫だけでなく妻も家事から解放されて満足というケースも多いそうです。

当の高齢者だけでなく子・孫世代の家族もぜひ考えていただきたいと願っています。

あなたにふさわしい高齢者住宅を探そう

高齢者住宅の効用

高齢者住宅の効用

年をとると、ちょっと足を伸ばして買い物に出るのがおっくうになり、部屋の掃除も行き届かなくなる、1~2人分料理するのも手間だが近くにスーパーやコンビニもない。

それなら土地や家を売って、都心の便利なところにマンションを買って移る人が増えたそうです。

マスコミその他の調査では、「老後を住み慣れた我が家で過ごしたい」と答える高齢者が多数なのですが、実際にはなかなか難しいものです。 (さらに…)

高齢者住宅の種類特別は分かりにくい

高齢者住宅の種類特別は分かりにくい

いざ高齢者住宅なり老人ホームなりを探そうと思うと、「いざ」という時に「リスト」を手に入れたがるもの。

では、いつが「いざ」なのでしょうか。火事を出した時でしょうか?

大けがをした時でしょうか?

帰り道が分からなくなって行方不明になった時でしょうか? (さらに…)

老人ホームか高齢者住宅か

老人ホームか高齢者住宅か

 

老人ホームというとイメージされるのは、ベッドがずらりと並んだ部屋、車いすに乗ったり、寝たきりになったりしている老人の姿です。

「あんなところには入りたくない」と老人ホームが嫌われ、「最後まで自宅で」ということになるでしょう。

このイメージは「特別養護老人ホーム」という福祉の介護施設からだろうと思います。

特別養護老人ホームは65歳以上の者であって、身体上または精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とする者(いわゆる寝たきり老人等)であって、居宅において適切な介護を受けることが困難な者を入所させる施設で、古くからあるところは個室が少なく、生活の場というより病院に近い介護の場なのです。 (さらに…)

年金の額と手持ち資金に合わせて考えよう

年金の額と手持ち資金に合わせて考えよう

(1)年金が月額10~20万円前後で、資金が1千万円以下の場合

夫婦世帯で20万円前後、独身女性で10万円あまりが年金額の平均だといわれます。

このクラスが老後を託せる住宅を考えるとすれば、軽費老人ホーム、ケアハウスがまずおすすめです。

子どもがいない、いても遠方にいていざという時頼りにくい方は、これに限ります。

子どもが近くにいて、介護保険の申請や手続き上の世話、入院時の選択や買い物などはやってくれそうという人は、高齢者向けの公営住宅も選択肢に入るでしょう。 (さらに…)

このサイトの目的

このサイトの目的

ここは、老人ホームを含む高齢者のための住まいをできるだけ分かりやすく解説し、それらの選び方、探し方を具体的に示したいと思っています。

リストは載せてありませんが、リストの入手方法は説明してあります。

リストやデータを集めたガイドブックはこれまでもかなり出ており、近頃は各施設でホームページを開設しています。

これからは子どもの世話にはなりたくないし、なれもしないと思う高齢者がさらに増えることでしょう。

「最後まで自立した生活を」という志は結構ですが、危険な1人暮らしを自宅で続けるだけでは、周りが大迷惑するのがオチです。 (さらに…)

新着情報

2013年4月26日
姉妹サイト