福祉・介護の資格と仕事

介護業務は、体力的にきついと言われますが、外回りの営業マンや、工場など常に立ちっぱなしの仕事をしている方たちと比べて、肉体的、体力的にきついとは言えないでしょう。

福祉・介護の資格ガイド

社会福祉士

社会福祉士

●仕事の内容について

この資格は「名称独占資格」といい、社会福祉士の資格を持たないものは「社旗福祉士を名乗ることはできません」。

しかし当然、この資格を持っていなくても社会福祉関係の仕事に就くことはできます。

社会福祉士は、福祉に関する全般的な相談や、各種の支援を行ないます。 (さらに…)

介護福祉士

介護福祉士

●仕事の内容について

高齢化が進につれて、寝たきりや認知症の高齢者が増加している状況の中で、介護の問題が浮き彫りにされてきています。

介護福祉士は、そのような介護の現場の第一線で活躍しています。

介護福祉士は1987年に施行された「社会福祉士・介護福祉士法」に基づいた国家資格です。 (さらに…)

社会福祉主事(任用資格)

社会福祉主事(任用資格)

●仕事の内容について

社会福祉主事は、福祉事務所の現業員として任用される者に要求される資格(任用資格)で、いろいろな行政機関で保護や援助を必要にとする人の相談や指導、援助などの業務を行ないます。

窓口での相談を受けるのだけではなく、ときには相談者の家庭へ直接訪問したり、生活費や教育費、医療費などの支援や補聴器、車いすの支給、母子生活支援施設への入所手続き、ホームヘルパーの派遣など、仕事内容は多岐にわたっています。 (さらに…)

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャー(介護支援専門員)

●仕事の内容について

ケアマネジャーとは、介護保険制度と同時に生まれた職業で、介護をトータルにコーディネートする専門家で「介護支援専門員」とも呼ばれます。

介護を必要とする人やその家族からの相談に応じ、本人の希望や心身の状況に応じて、その人の介護はどのような対処が最も良いかを考えて、公平で中立な立場でケアプランを作成します。

ケアプラントは、ニーズに沿った援助の方針と目標を立案して、それに応じたサービス内容や種類、回数、提供事業者などを決めたものをいいます。 (さらに…)

ホームヘルパー

ホームヘルパー

●仕事の内容について

ホームヘルパーは、高齢者や身体障害者など、身体的・精神的に日常生活を送るのに支障にある人の家庭を訪問し、サービスを提供する職業です。

仕事の内容は、大きく2つに分けられます。

食事や排泄、衣類の着脱、入浴、体位変換、通院の付き添い、などの身体的介護、掃除、洗濯、調理、買い物などの生活援助です。 (さらに…)

理学療法士

理学療法士

●仕事の内容

理学療法士の仕事は、病気やけが、交通事故など何らかの原因で、腕や足を曲げたり伸ばしたり、立ったり・座ったり、歩いたり、走るなどの基本的な身体運動機能に障害を持った人を回復させ、日常生活を取り戻せるように、医師の指導の下、医学的リハビリテーションを行なう専門職です。

関節の曲げ伸ばしや歩行訓練などにより筋力増強を行なう運動療法と温熱・電気刺激、マッサージなどにより痛みを和らげる物理療法などをメインに施し、日常生活を送るための基本的な動作能力の回復(機能回復訓練)を図ります。 (さらに…)

作業療法士

作業療法士

●仕事の内容について

「作業」とは、日常生活のあらゆる動作や仕事、遊びなどの人間に関わるすべての活動「作業活動」と呼びます。

その作業活動を支援するのが、作業療法士の仕事です。

けがや病気がもとで身体や精神に障害がある人や発達障害のある児童や身体的機能が低下した高齢者などに、絵画や手工芸、陶芸、ゲーム、音楽演奏、レクリエーションなど日常生活の治療や訓練を行い、主体的な生活の確保を図るために、機能回復や機能低下の予防を図る職業です。 (さらに…)

義肢装具士

義肢装具士

●仕事の内容について

義肢装具士とは、1987年に義肢装具士法によって制定された国家資格です。

義肢装具とは、事故や病気などで手足を失った人のために、失われた身体機能を補うように製作された人工の手・足パーツのことです。

それぞれの使用者の生活状況やニーズに応じてつくられます。 (さらに…)

臨床心理学士

臨床心理学士

●仕事の内容について

臨床心理士とは、一般には「カウンセラー」や「セラピスト」などと呼ばれる心理関係の職業のうちで、臨床心理学を学問的な基盤として、心に問題抱えた人を解決に導く心理学の専門家で、今日では、例えば、全国公立中学校や小学校に1996年以降よりスクールカウンセラーとして派遣され約5,800名が活躍しているが、その代表例といえましょう。

1988年に「日本臨床心理士資格認定協会」が設立され、心理職に資格が与えられるようになり、現在では約2万4,666(2012年現在)人以上の臨床心理士がさまざまな現場で働いています。 (さらに…)

言語聴覚士

言語聴覚士

●仕事の内容について

1997年に言語聴覚士が制定され、国家資格になりました。

それまでは、いくつかの団体が認定した「言語療法士」や「臨床言語士」、「医療言語聴覚士」などの名称で呼ばれていた資格でした。

言語聴覚士は、何らかの原因で言語障害や難聴、失語症、言葉の発達の遅れなど、言語や聴覚の障害を持つ人に対して、機能回復や発達促進を図るための専門的な訓練や検査、助言、指導を行なうのが主な仕事です。 (さらに…)